開業することを決意した後に決めることは、開業地です。

どこで何をするために開業するのかの、「どこで」です。

それを決めるにあたり、かなり自問自答を繰り返しました。

自分が納得できる答えが出るまで、です。

自分は歯科医師として、何が出来るだろうか。

自分の得意なことは何だろうか。

どのような方々のお役に立てるだろうか。

私はもともと内科医になりたいと思っておりました。

よくある、町のかかりつけ医のようなイメージです。

「何かあったらあの病院に行くといいよ」

困ったときの第一選択にしていただけるような医師になりたかったのです。

実際は歯科医師になりましたが、その思いは今も変わらずあります。

小さなお子様から年配の方々まで、幅広い年齢層の方に頼りにされる歯科医師になりたいと思っております。

そんな地域住民の皆様のお役に立てるのではないかと思った場所が、江別市にあったのです!

本当にこの場所に自分は必要とされているだろうか。

何度も足を運び、たくさん歩いてみました。

この地の雰囲気をしっかり味わいながら歩いていたのが目立っていたのでしょうか。

散歩をしている方々に、よく声をかけていただきました。

いろんな世間話をしている会話の中に、皆様の温かさを感じました。

「なんて素晴らしい地域なんだろう。よし、ここに決めた!ここで皆様のお役に立てる歯科医院を作ろう!」

心の中で、納得いく答えが生まれた瞬間でした。