江別市牧場町で歯科治療に取組むさかもと歯科クリニック
ブログ
  • HOME »
  • 院長ブログ

院長ブログ

経営塾2018

3月21日、東京は品川に行ってきました。

経営塾2018

歯科医院地域一番実践経営塾ベーシックコースを受講するためです😃

このセミナーの最大の目的は、「患者さんに喜ばれる医院作り」だと僕は思っています。

日本全国には68000件くらいの歯科医院が存在すると言われています。

たくさんの歯科医師や歯科従事者が在籍する大きな大学病院の中にある総合的な歯科から、当院のような個人で小さく診療している歯科医院まで、さまざまな形態で街の中心部や住宅地、大都市や過疎地に渡って存在しています。

ですが、どんな条件の歯科であっても

「患者さんによくなってもらいたい!」

「困っている方の力になりたい!」

「ここに来てよかったと思われる治療をしたい!」

といった想いがあると思います。

そうであれば、どんなことをするとよいのか。

院長ひとりで考えても限度があります。

スタッフとみんなで考えても、行き詰まります。

そんなとき、同じ想いを持った日本全国から集まった歯科関係者たちが、熱意ある講義をしてくださる講師の元で学び、時には意見交換をし、切磋琢磨していくことで生まれるアイデアというものがあるのです。

逆転満塁ホームランのような取り組みはありません。

日々の診療を一生懸命やっている中で、地道にコツコツと積み重ねていくことで医院の成長があるのです。

今回は14チーム(だったと思う)に分かれ、チームのメンバーと共に11月の第4回まで共に学びます。

北は北海道から南は沖縄まで、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、事務の方が集まったチームになりました。

とても志高い方ばかりで、このメンバーで年間コースを受講できることを嬉しく思います!

さて、そんなチームとしての取り組みとして、チームミーティングというものがあります。

年4回コースの講義だけでなく、チームメンバーだけで学ぶ機会を設けるものです。

4月に開催予定となり、お互いの自己紹介・医院紹介などをして、より深い繋がりになれるよう、チームリーダーが考えてくれました。

相手のことを知ることは、関係性をよくするために重要なことです。

自分の都合だけで考えてしまうと、誤解を生じたりトラブルの発生のもとになってしまうこともあります。

このような学びの場から得たものは、日々の診療や日常生活、プライベートにも活かせるよう、インサイドアウトしていきたいものですね😃

4月になり、新しい環境で頑張っている方も多いと思います。

ぜひ、楽しい毎日が過ごせるよう、関係性のよい状態をめざしていきましょう😃

ホワイトデー

3月も中旬になりました 🙂

前回のブログに書いたホワイトデーから一か月。

ホワイトデーがやってきました。

ということで、今年はスタッフの皆さんに釜飯をお返しとしてプレゼントしました 😆

12号線にある「釜めしの店 やか多」さんのメニュー表から各自好きなものを選び、お昼に配達してもらいました。

スタッフの皆さんに釜飯をお返しとしてプレゼント

カキ、かに、とり、カモなどどれもおいしそうな釜飯が並び、よだれが出そうな匂いが充満していました。

実食の感想は、もちろん「おいしい!」です(^O^)

今度はあの味を楽しみたいと思います!

スタッフの皆さんに釜飯をお返しとしてプレゼント

さて、そんなホワイトデーに、スタッフ全員と全体MTGをしました。

さかもと歯科クリニックの方針は、院長である僕が全て決めて、その通り指示のもとスタッフが行動するトップダウン体制ではなく、みんなでどうしたら患者さんに喜んでもらえるか、質の良い医療を提供できるか、みんなが気持ちよく働くことができるかを考え、相談して決めることとしています。

これってなかなか難しいことです。

なぜなら、以前勤めていた職場が完全トップダウンであったりすると、「自分の意見を言ってはいけない」とか「言われたとおりにやらないと怒られる」とか、「やってることが仕事ではなく作業になっている」と言った気持ちになりやすく、このような考え方が習慣化してしまうと、せっかくMTGしてもみんなが発言すること自体難しくなってしまうからです。

まずは今の職場は安全であると安心して働けること。

そういう環境であるために、さかもと歯科クリニックは今後もいろいろ学び、取り組んでいきたいと思っています。

 

さて、先日購入した本がこれです。

「子どものむし歯予防は食生活がすべて」

まだ読んでおりませんが、たしかに食生活はとても大事だと僕も思います。

自分も子どもには3歳まで甘いものは可能な限り与えず避けておりました。

果物や天然のものはよいと思いますが、お菓子などは・・・。

子どもに与えないのであれば、親である自分も目の前では食べない。

そんな注意を払い、仕上げ磨きをしてきた結果、おかげさまで虫歯はありません。

しかしこの本には、「子どもに歯を磨かせなかった」とも書いてあります。

どんな内容か、読むのが楽しみです 🙂

バレンタインデー

もうだいぶ日も経ちましたが(^^;)

スタッフの皆さんからバレンタインチョコレートをいただきました 🙂

こうやって何かの記念日に何かしてくれることだけでも嬉しく思いますが、おそらくお薦めのお店で買ってくれたようです。

「これ、おいしんですよ!」と味を知ってる人じゃないと言えないコメント付きでしたので。

ホワイトデーには何倍返ししようか今からハラハラドキドキです!

2018年・バレンタイン

2018年・バレンタイン2

2018年・バレンタイン3

さて、2月も終わりに近づいてきました。

1年の6分の1が終わるのです。

「2018年はこれをやるぞー!」と掲げた目標に対して、どれだけ行動できていますか?

僕は年末年始に立てた予定にさらに追加予定が加わりました。

わかっていることには早めに行動することをお薦めします。

例えばセミナーに参加することが決まっているのであれば、飛行機や宿は早めに計画し確保しておきます。

これ、とても重要です。

宿はあとでもいいや~と油断していると、前々日とかに「もしかして野宿?」という不安でいろんなホテルに電話しまくることになります。

診療中も集中できず、ホテルのことで頭いっぱいになってしまいます。

皆さんは、そんな歯医者さんで治療受けたいですか??

大丈夫です、ご安心ください!

僕はちゃんと事前に行動し診療中は目の前の患者さんに集中しております 🙂

 

ちなみに先日、新千歳空港~中部国際空港(名古屋)の飛行機を予約しました。

4月以降に行くセミナーのためのものですが、片道6410円で行けるのです!

JALさん、すごいです!

このセミナーでは、ホスピタリティーを学んできます。

患者さんにはもちろんのこと、スタッフたちも居心地のよい歯科医院にするために必要な学びです。

スタッフが生き生きと働く姿って、素敵ですよね!

本来の自分らしさが出せて活かせる環境って素晴らしいと僕は思います。

そんな医院にしたいのです。

アサヒグループホールディングス社長の小路明善さんは次のように言ってます。

 

部下を育て上げる、部下に教えてあげるということはしなくていい。

部下の努力する力さえ引き出してあげれば能力はどんどん上がる。

それが管理職の務め

どれだけ一生懸命先輩が教育、指導をしても、当の本人のやる気が出ない環境では伸びる可能性は高くないでしょう。

知らないこと、できないことを覚えたりできるようになるのは簡単なことではありません。

時には挫折を味わうことだってあります。

そんなときに、先輩上司がどのような接し方ができるかが重要だと思います。

そこにホスピタリティーが生きてくるのです。

僕もまだまだ伸びしろいっぱいの人間ですので、いっぱい学んで少しずつでも成長できるように修行の毎日を送りたいと思います。

安全な医院

先日、北海道から飛行機に乗って研修会を受けてきました 🙂

「歯科医療安全に関する総合的研修会」と「在宅療養支援歯科診療に関する総合的研修会」です。

修了証

とっても難しそうな内容ですね(^^;)

どんな研修会かと言いますと

「歯科医療安全に関する総合的研修会」の内容

  • 偶発症に対する緊急時の対応について
  • 医療事故について
  • 感染症対策等の医療安全対策について

要約すると、「ちゃんと診療していても想定外のことが起きるかもしれないので、そうなったときはどうしたらよいか」ってことです。

さかもと歯科クリニックを開院する前からこれらのことは当然学んでおりますが、医療は日々進化しますので、現在においての最新の情報を学んできたわけです。

例えば今後日本が高齢化社会、そして高齢社会になった場合、歯科医院を含めた医療機関に受診される方の割合は年配の方が増えてくる可能性があります。

もしその方々が高血圧や糖尿病など、何か全身疾患をお持ちだった場合、少しでも安全に治療を受けていただくために、やるべきことがあるのです。

さかもと歯科クリニックでも、今よりさらに安心・安全に歯科医療サービスを受けていただけるよう、必要なことを随時進めていきたいと思っております。

もう1つの研修会についてです。

「在宅療養支援歯科診療に関する総合的研修会」の内容

  • 高齢者の心身の特性(認知症患者への対応を含む)
  • 口腔機能の管理
  • 緊急時対応
  • 歯科疾患の継続管理

これらは、訪問診療に活用できる内容です。

上記のようにご高齢の方が増える時代になりますと、なかなか外来診療に行けない方も増えてくると予測されます。

「以前はちゃんと噛めた入れ歯が最近痛くて満足に食事もできない。でも歯医者に行けない。どうしたらよいもんか」とお困りの方が増えてしまうかもしれません。

さかもと歯科クリニックでは現在ご自宅に伺って歯科治療をする「訪問診療」はしておりませんが、将来的には必要になると思っていますので、少しずつですが準備しはじめております。

自院にお越しになってくださっていた方はもちろんのこと、そうでない方でも入れ歯が痛くて食事に困っている方のお力になれればと、微力ではありますが貢献したいと思っております。

今回受講してきた2つの研修会は、これからの歯科医院のあり方を改めて考える良いきっかけになりました 😀

最後の・・・

みなさん、こんにちは。

今日で1月も終わりですね。

2018年になって、もうすでに12分の1が終わるんだから、月日の経つのは本当に早いです。

さて、私事ではありますが先日39歳になりました。

とうとう30代最後の年になってしまいました。

来年には40代の仲間入り。

若い頃は、40代ってすごくおじさんのイメージがありましたが、実際自分がその年になると、全く違う気持ちでいっぱいです。

むしろ、40代は実りの年代ではないでしょうか。

20代で社会に出て、いろいろ失敗して学んだあの頃。

30代でようやく半人前になり、いろいろ身についてきたこの頃。

そして40代で一人前とは言えないけれど、結果を出せるようになる頃。

そう、今まで頑張ってきたのは、これから10年いろんな結果を出すため!

そんな想いになることもある今日この頃ですが、まだまだやりたいこと、やらなくちゃいけないことがいっぱいあります。

たぶん、いくつになっても同じことを言っているかもしれません(^O^)

最近、勤務医時代にお世話になっていた先輩にお会いしたときに

「俺たちもう40代だよな。40歳って言ったらあの時の院長と同じだぞ。今の自分はあの時の院長と比べて同じこと出来ているかって考えたら、まだまだ頑張らなくちゃいけないな」

と仰っていました。

本当にその通りで、改めて当時の院長のすごさと、自分のこれからの伸びしろの多さに、いろいろと考えさせられる瞬間でした。

ただ、考えていても行動しなければ結果は出ません。

日々いろんなことが起きますが、そのことに引きずられ過ぎてはいけません。

もちろん反省し考えることは大事ですが、次の日にも影響するようだとパフォーマンスが下がってしまいます。

あの有名なマネジメントの父であり経営コンサルタントでもあるドラッガーは次のように言っています。

 

明日を実現するための第一歩が

昨日を破棄することである

難しすぎて全ては理解できませんが、過去に引きずられるなってことでしょうか。

しっかりと前を向いて進んでいきたいですね 🙂

ちなみに誕生日、スタッフからプレゼントをいただきました!

staffからのプレゼント

staffからのプレゼント

「普段使ってほしいものを選びました!」

ドキドキして袋を開けてみると・・・

靴下のプレゼント(^O^)

毎日同じようなものを履いているので、おしゃれな靴下をもらえて嬉しかったです!

5足あるので日替わりで履きたいと思います 😀

念願の!

年が明け、学生さんたちは3学期が始まりましたね。

「あぁ、もう休みも終わりで学校かぁ」

「やっと休みも終わって学校だぁ!」

学生さん、保護者の方々、いろいろ思うところはあると思いますが、新しいスタートを張り切っていきましょう 🙂

さて、先日1月13日(土)と14日(日)に長崎で開催された総入れ歯のセミナーを受講していきました。

「箸の文化」に適応した総義歯セミナー。

講師は、日本顎咬合学会の会長も務められた河原先生。

長崎歯科技術専門学校

河原先生と

大分県でご開業されておりますが、歯科界の重鎮のような、本当に名実共に素晴らしい歯科医師です。

数年前から何度か河原先生のご講演を拝聴することがあり、そのたび「これこそが医療だよな!」と一人心熱くしておりました。

胃瘻で口から食事できず、ベッドの上での生活だった方が入れ歯を調整することで口で食事をすることができるってすごくないですか!?

ペースト食、ミキサー食、刻み食、最後には普通食を食べられるようになった症例がいくつもありました。

そういう奇跡に近いこともすごいのですが、そもそも今回のセミナーの題名は

「箸の文化」に適応した総義歯セミナー

欧米人はナイフとフォークで食べやすい大きさに切ってから口に運びますので、前歯で噛み切るという動作は多くありません。

しかし日本人は箸で食べ物をつまみ、口に運んで前歯で噛み切ります。

そして奥歯で咀嚼します。

ですが、義歯の中でも特に総入れ歯は前歯で噛めないものと認識していました。

なので患者さんにも前歯で今までのように噛めませんよ~と説明しておりましたが、今回の学びで180度概念が変わりました。

前歯でも噛めるんです!

どのように前歯でも噛める入れ歯ができるかといいますと、とある咬み合わせの位置で上下の入れ歯を咬合器というものに装着し、決められた規則に準じて咬み合わせを調整していくのです。

この技術を習得できたら、どれだけの入れ歯で満足に食事が出来ない方のお力になることができるだろうか!本当にそう思っております。

そもそも僕が義歯の勉強をしっかりやりたいと思ったのは、身内で総義歯を使用していた方が「咬めないから入れ歯は上しか入れない」と言っていた光景に遭遇したからです。

食べるって、人生の楽しみの大部分を占めると思いませんか?

その大きな楽しみを、ご高齢の義歯装着者は満足に味わえないとう現実。

この現実を打破できるようになったとき、歯科医師としての価値も上がると思います。

その日が1日でも早く来るよう、日々精進します!

2018年ですね (^.^)

あけましておめでとうございます!

2018年の診療が今日4日から始まりました 🙂

多くの方が予約通り来院してくださり、治療計画に沿って順調に改善の方向に進んでいけるよう、今年も誠心誠意頑張っていきたいと思います。

さて、そんな僕は昨年の11月末、東京は新宿で第4回宇田川道場を受講してきました 😛

8月に第3回宇田川道場を半分受講しました(詳しくは過去のブログで)。

4回宇田川道場

今回は続きというわけでもないですが、継続学習と言って同じような内容でも繰り返し学ぶことで自分の中に落とし込めるようになるので、今回は2日間全部学べることを非常に楽しみにしていました。

が、当時の札幌や江別、北海道は大雪に見舞われ、またも「初日は参加できないのでは?」といった不安に襲われましたが、当日を迎えてみると千歳だけが天気予報では晴れとなっており、何とも言えない嬉しい気持ちになりました。

順調に飛行機は離陸し、無事羽田に到着。

会場に着き、前回も参加されていた先生方、違うセミナーでお世話になり、3年振りくらいにお会いした先生や初見の先生方と挨拶し、楽しみにしていた宇田川道場は開催されました!

今回特に学びになったのは、コミュニケーションについてです。

自分の思い込みにより相手に正確に伝わらないことや、説明能力不足、イメージ力の未熟さを実感してきました(T_T)

これが普段の診療で起きていると思うと、ゾッとする状況です。

セミナーでこのような体験をし、学ぶことで現実の世界に役立たせることができるのは本当にありがたいことです。

2018年もいっぱい学んで、現場に落とし込んでいきたいと思います 😀

12月誕生会③

さかもと歯科クリニック、院長の坂本です。

今年も明日の午前診療で終わりとなりました。

12月のお誕生会は3回あるので、今回はその3回目を開催しました 😀

2番通りのシャトレーゼさんで素敵なケーキをスタッフが選んでくれ、とてもおいしくいただくことができました!

これからも公私ともに充実した働き方ができるような職場になれるよう、みんなで協力していきたいと思います。

さかもと歯科クリニック・スタッフ12月誕生会

さかもと歯科クリニック・スタッフ12月誕生会02

さて、「楽園」というあまりにもフワフワした理想を掲げている当院ですが、いきなりそこに到達できるわけではありません。

できるところから、できる範囲で。

たくさんの周りの方々に影響を与えることはできなくても、身近な方にはプラスの影響を与えたい!

そんな想いにいるとき、生活の木代表取締役CEOの重永 忠さんは次のように言っていました。

 

「半径1メートルの人に感謝し、その人たちを幸せにする」

身近な人も幸せにできない人が

社会を幸せにできるはずがありません

 

本当にその通りだと思います。

まずは一番身近な「自分」を幸せにすること!

決して、周りを幸せにするために自己犠牲をしてしまうことはしないでください。

これではよくありませんし、長続きもしないと思います。

まず自分が幸せになるからこそ、周りの人を幸せにできるのです。

僕の幸せは何か。

それは・・・(^O^)

スペセミ

いよいよ2017年の診療も残り5日となりました。

やり残したことはありませんか?

毎年この時期になると開催される歯科医院地域一番実践会のスペシャルセミナー、今年も参加してきました 🙂

歯科医院地域一番実践会のスペシャルセミナー

今年のゲストは、女子レスリング監督の栄和人監督とレスリング選手の吉田沙保里選手でした(^O^)

お二人のお話しはとても学ぶことが多く、おもしろかったです。

「どうして勝ち続けることができたのか」

それは、勝ちたいと思う気持ちが強いからだそうです。

「金メダルを取る!」という思いが強いからだそうです。

強い意志があるからこそ、辛い練習にも耐えることができるそうです。

歯科医院でも同じことが言えます。

こんな歯科衛生士になりたい!」とか「こんな歯科医院を目指して、地域の皆さまに少しでも貢献したい!」とか、いろんな「〇〇〇になりたい!」があると思いますが、目先の大変なことから逃げたりせず必要な課題やテーマに取り組むためには、このような強い思いが必要です。

ですが、自分ひとりで何でもかんでも乗り越えることができるわけではありません。

そこには、よき指導者が必要です。

今回のセミナーで言えば、栄監督がそうですね。

「しつこい」と思われるくらいの熱い情熱で、強い選手だけを贔屓せず、伸び悩む選手など女子選手全員を同じように接していく、育てていくことを意識されているとのことでした。

他にもいろんなお話しがありましたが、またの機会にでも 😀

今回このスペシャルセミナーには400名ほど参加されていたようで、久し振りにお会いした方々もいらっしゃいました。

ご挨拶できなかった方が多かったけど、2・3年振りでもちゃんと覚えてくれていた方ばかりで嬉しかったです。

2018年のスペシャルセミナーも今から楽しみにしております 😛

チョコ誕生会

もう根雪になりそうな牧場町周辺ですね。

さかもと歯科クリニックの2017年診療も残り3週間となりました。

極力地域の皆さまのお力になれるよう取り組んでおります。

で・す・が!!

ギリギリになって「年内に終わるように治してほしい」とお困りの方にお会いすることがあります。

残念ながらご期待に応えることが難しい状況になっております(T_T)

現在通院中の方が年内にしっかりと予定とおり治療が終わるようにさせていただきますので、場合により当院では応急処置もしくは日常生活に支障をきたすことがない範囲での治療とさせていただくかもしれません。

もちろん、何かできることがありましたらお力になりたいと思います。

よろしくお願い致します(^O^)

 

さて、師走はイベントが多いさかもと歯科クリニック。

今日もスタッフのお誕生会をしました。

本人の希望で、チョコレートでお誕生会をすることに。

今回はチョコレート専門店に足を運んでみました 🙂

チョコ誕生会

みなさんが歯医者さん探しをするときと同じように、人に聞いたりネットで調べたり。

札幌市中央区北1条西8丁目ホサカビル1Fにある、「パティスリー ショコラトリー リベルテ」さんに今回はお世話になりました 😀

初めて行くチョコレート専門店は、おしゃれで静かな雰囲気の中、たくさんのおいしそうなチョコレートが置かれていました!

「どれにしたら喜んでもらえるかな?」

そんな想いで店内をウロウロ。

チョコ誕生会

どれもおいしそうでしたが、3つ購入させていただきました 😮

おかげさまで、みんなで素敵な誕生会をすることができました!

リベルテさん、ありがとうござます!

やはり、専門店のチョコレートは格別でした!

こだわり、素材、技術。

いろんな要素が想いと共に込められているのは、歯科治療においては自由診療と同じだなと思いました 😉

これからも、皆さまの人生の豊かさ向上のお手伝いを歯科治療と通じて出来るよう、頑張っていきたいと思います!

12月のお誕生会①&開院2周年

今年も残り1か月を切りましたね。

さかもと歯科クリニックは、2015年12月1日に開院しました。

ですので、毎年「残りあと1か月だな~」と思う日は、開院記念日を迎える日でもあります。

おかげさまで2周年を迎え、3年目をスタートしました。

数に限りはありますが、患者さんにはプチプレゼントをお渡ししております!!

お一人様一個までですので、なくなり次第終了となります。

よろしくお願い致します(^O^)

さて、開院祝いも嬉しいことですが、オープニングスタッフから今も頑張ってくれているスタッフのお誕生会をしました。

12月のお誕生会

本当によく頑張ってくれていること、感謝しております!

本人の希望で、今回はお寿司でお祝い!

お昼休みは、みんなでいただきました。

さかもと歯科クリニックスタッフ

さらに、僕からスタッフ全員に開院祝いの御礼として、イチゴのジェラートを!

このジェラート、普通のジェラートとは違うんです!

なんと、あの「あまおう」が56%含有なのです!

そして乳脂肪分を一切使用していないとのことですから驚きです。

詳しくはこちら http://www.happy15.jp/

武下さん

生産者の武下さんは、とあるセミナーでの学びの友でもあり、現在も日本各地で講演されるほどご活躍されている方ですが、先日僕が受講した第4回宇田川道場でゲスト講師として招かれ、2年ぶりに再会しました。

お互い同じ学びのステージにいたわけですが、僕は僕で、武下さんは武下さんでそれぞれ成長し、自分の現場で頑張っているわけですが、学びの成長度合いに関しては武下さんのほうが遥か先を行かれています 😀

そんな友がいることも嬉しいことです。

武下さんは「あまおう」で、僕は「歯科治療」でみなさんに幸せになっていただくことを全力で、これからも頑張っていきたいと思います 🙂

11月のお誕生会(^O^)

お久し振りの院長ブログです。

さて、今回は最新の情報をUPしたいと思います!

それは、お昼休みにスタッフのお誕生会をしたことです 😀

年に一度の誕生日、せっかくの縁で一緒に働いている仲間ですから、ささやかながらにもお祝いしたいと開催しました。

みんなでケーキを囲んでハッピーバースデーを歌い、ロウソクの火を吹き消してもらい、今年一年の抱負を述べていただきました。

11月のお誕生会

小さかった頃は一息で全部消そうと必死に息を吹きかけ、それがまた楽しかったあの感覚は、いつぞや消えてしまわないように純粋な心をいつまでも持ち続けていきたいものです。

さて、さかもと歯科クリニックは12月1日で開院2周年となります。

この日を迎えられるのも、地域の皆さま、いつも頑張ってくれているスタッフ、そして医院に携わってくださる業者さんなど、たくさんの方々のおかげです。

ちょっとしたプレゼントを用意しております。

数に限りがございますが、感謝を込めてスタッフが用意してくれていましたので、ぜひお帰りの際にはお持ち帰りください 🙂

12月1日から開催です。

最後に、先日ネットで見かけた渡部昇一さんのお言葉です。

「長い人生の競い方」

人生には待たなければならないことが多いが、

その間に腐らないで自らを強めることができれば、

最後には、すばらしい機会が生じてくる

 

どうしてもすぐ結果を求めてしまうことってありますよね。

そんなときは待たなくてはいけないのですが、その待っている間にさらなる成長をすることができれば確かに良い結果が待っていそうですね!

これからの日々成長していけるよう、頑張りたいと思います 😀

歯科塾(和久先生)に参加

10月15日、東京は西新宿で歯科塾に参加してきました 🙂

今回のゲスト講師は兵庫県でご開業の和久先生です。

和久先生はとても社交的で、臨床にも人間的にも熱い方です。

そんな和久先生と初めてお会いしたのは先日の8月に受講した宇田川道場でした。

遅れて参加した懇親会でも話しかけてくださり(なぜ遅れたかは以前のブログを参照)、翌日も隣に座らせていただき仲良くしてくださいました。

3代目として医院を継承された和久先生は、最初から順風満帆だったわけではないようです。

数々の困難を乗り越えて現在があるわけですが、「理念診療」に基づき、どこまで『本気』で取り組めるかが重要だと僕は感じました。

本当に本気で何かに取り組んだときに人は初めて支援者に出会うようです。

そのお話しを拝聴し、「自分は今どれだけ本気で取り組んでいるだろうか」と自問自答していたわけですが、ここ最近の大きな課題の1つであることに対する解決策も見つけることができ、すっきりして帰ってきました(^-^)

歯科塾

解決策が見つかっても実行しなければ何も変わらず、簡単なことでもないですが、どれだけ「本気」でやれるかが重要なことだと実感しました。

ここは、さかもと歯科クリニック。

自分の夢と理想がいっぱい詰まった医院を思い描いて開院してからもう少しで2年になる今日この頃。

改めて今後のことをしっかり考え、「本気」で日々過ごしていこうと思います!

 

かの有名なイチローはこう言っていました。

小さなことを積み重ねることが、

とんでもないところへ行く

ただ一つの道

 

これをやったら「逆転満塁ホームラン」的なことはありません。

地道にちょっとずつちょっとずつの積み重ねでしかないのです。

そのために、いつも改善策を考えることを習慣化したいですね😃

かみつきがいい入れ歯

8月6日、大阪で義歯(入れ歯)のセミナーを受講してきました。

講師は、大分県で河原歯科医院ご開業の河原英雄先生です。

「超高齢社会を支える歯科の役割」というテーマで、咬める義歯についてご講演されました。

河原先生は歯科医師歴50年であり、過去には日本顎咬合学会の会長をされていた偉大な先生であります。

かみつきがいい入れ歯

義歯についてはいろんな本が出ていますし、「総入れ歯は既に完成された学問であり、診断と治療技術を収得してしまった人には簡単で退屈な分野である」とまで言われているようですが、義歯(特に総義歯)を使用されている方からしてみたら、現状はなかなかそうとは言えないのではないでしょうか。

「入れ歯が痛い、外れる」とさかもと歯科クリニックを受診される方もいます。

残念なことに、当院で作成した入れ歯が全員満足いく結果になっていないのも事実です。

歯を失ってしまったがために以前のように食事ができなかったり、咬み合わせが悪くなってしまったことで顎が痛い、頭痛がする、肩が凝るなどの健康に影響が出ている方がいます。

「そのような方をひとりでも多く改善することができ、以前のような生活を取り戻すことができる手助けをできるようになりたい!」

そう思い以前から勉強会に参加などしております。

今回河原先生から学んだことは、総入れ歯でも咬み合わせをちゃんと合わせれば、りんごを丸かじりできたり、海苔巻きやいなり寿司を前歯で咬み切れたり、たくわんを前歯で咬めたりと、びっくりするような症例の動画をみせていただくことで、まだまだ義歯治療の奥深さと、これから自分がやるべきことの方向性を認識したことでした。

咬合器というものを使い、ある法則に従い咬合調整をする。

すぐできる技術ではないですが、必要な道具は揃えました。

試行錯誤し、もっと勉強し、日々鍛錬し・・・。

その繰り返しの先に、これから義歯の需要がさらに高まる超高齢社会で皆さまのお役に立てるようになることが、僕の今の楽しみです!

予想最高気温37度と出ていた大阪で、違った意味で熱くなって帰ってきました江別市牧場町でさかもと歯科クリニックを開院している僕ですが、今年の学びのテーマである「義歯」はまだまだ続きそうです。

いろんな入れ歯

10月1日、大阪で入れ歯のセミナーを受講してきました!

テーマは「激突 保険の義歯vs自費の義歯」でした。

講師の先生は、村岡先生と天井先生。

入れ歯のセミナーを受講

入れ歯のセミナーを受講

どちらも超有名な先生で、村岡先生が保険の入れ歯について、天井先生が自費の入れ歯についてお話しされました。

保険で作れる入れ歯には安価であるというメリットがありますが、選択できる材料が決まっていたり、半年経たないと新たらしく作ることができないと言ったデメリットもあります。

これは当院で作成した入れ歯に限ってではなく、他院さんで作ってもらった入れ歯でも半年経たないと新しく作れない決まりがあるのです。

「違う歯医者で作ってもらったばかりなんだけど、合わないから新しくしてほしい」

ごく稀にこのような患者さんがいらっしゃいます。

①何度か調整してもらったが、これ以上行ったら先生に申し訳ない

②先生が勝手に歯並びを決めた

③自分で調整してしまい、合わなくなった

このような理由の方にお会いしたことがあります。

③は当院でも「やっちゃダメですよ~(^o^)」とご説明しておりますが、①と②については歯科医師と患者さんの関係性で解決できることではないかと思います。

もちろん、難しい症例であったり、歯茎の弱い方だとなかなか満足して使用していただくことが難しいこともあります。

その中で、いかに患者さん本人が納得できるかは、歯科医師の技術も当然のことながら必要ですが、義歯の作成途中やその前からのコミュニケーションの中で生まれるものだと思っております。

決められた制限の中で行う保険治療にはどうしても限界がありますが、その点自由診療(自費診療)では少しでも患者さんに満足してもらう治療ができるよう、時間を精一杯かけて行うことができるのです。

材料だけでなく時間も豊富に選べるのが自由診療のよいところでもありますね!

保険診療での義歯作成においてのコツや素晴らしいテクニックを村岡先生から、自費診療での義歯作成においてのいろんな症例や可能性についてを天井先生から、ここでは書ききれない多くの学びを得てきました。

あとは実際の診療でどれだけ患者さんのために活かすことができるのか。

「いい話を聴いたなー」で終わっては学びに行った意味はありません。

あくまでさかもと歯科クリニックに来院してくださる患者さんのために少しでも歯科治療を通じて貢献できるために、これからも日々精進していきたいと思います😃

お誕生会(2)

順番が前後してしまいますが、スタッフのお誕生会を先日行いました😃

当日に開催したかったのですが、連休と被ってしまうので、数日早く決行!

さかもと歯科クリニックで初めてのお誕生日なので、恒例のサプライズをみんなで行いました。

びっくり&喜んでくれて、よかったです!

誕生日会

誕生日会

さて、とあることを学び始めて1年強になった僕。

この学びを本気でしている人は北海道にそういないのではないでしょうか。

歯科に特化した内容ではありません。

どの職業にも活かせると思いますし、私生活でも役立つと思います。

今までの考え方や価値観がガラッと変わるくらいの内容です。

なので非常に難しく思えることもあります。

しかし、講師の方も熱心に諦めずに根気よく教え続けてくれています。

そのおかげで、最近ようやく少しずつ理解できるようになってきました😃

「江別の皆さんに歯科治療を通して地域貢献したい!」

「楽園のような歯科医院を作りたい!」

その想いは開業時から変わらず持ち続け、その達成に向け日々を過ごしております😃

このように、わからないことを学ぶ立場になると、歯科のお仕事が未経験の方に対して、もしくは歯科衛生士専門学校を卒業したばかりの方に、どのように伝えていくことがよいのかヒントが盛りだくさんです!

自分の体験を第三者に活かすことができるのでれば、今の経験も大事ですね😃

 

神奈川県公立小学校教諭の山田将由さんのお言葉に次のようなものがあります。

相手の成長を真剣に願って考え抜けば、

効果的な方法は閃く

相手の成長を真剣に願う」とはどのようなことでしょうか。

・会社の利益のためになることだけを教えて覚えてもらう
・教え手の都合だけで育成する
・相手の理解を得ないまま「いいから黙ってやればいいんだよ」と教える
・何回も同じことを教えているうちに、教える気がなくなる

よく耳にすることばかりではないしょうか。

このようなことは、どれひとつ「相手の成長を真剣に願う」とはかけ離れていると思います。

もちろん、そうは言えない事情もわかります。

でも、何回も同じことを教えているのに覚えてもらえないということは、教え方に問題があるのかもしれません。

教え方を変えてみたりとか、そもそも少し前の段階に戻って理解度を確認してみるのも良いでしょう。

その方の能力不足、向き不向きがある場合は難しいこともありますが、お互いの関係性がよい職場にしていきたいと思い、学び続けている次第であります😃

それに共感してくれる方と一緒に働きたいですね!

2度目のお誕生会(^O^)

先日、さかもと歯科クリニックで歯科衛生士として活躍してくれているスタッフのお誕生会をしました!
昨年の入社以来、2度目のお誕生会です  🙂
毎年サプライズはしなくていいのではないかという本人の意見もあり、今年はそこそこ普通に開催されました。
追加デコレーションされたケーキと主役を囲んでハッピーバースデーをみんなで歌い、刺されたロウソクの火をしっかり消してもらいました。
恒例の「これから1年の抱負」も述べてもらい、素敵な内容に感心でした。
何年でもみんなで祝ってあげたいですね!

2度目のお誕生会

さて、話は全然変わりますが、みなさんドラクエⅪやってますか?
僕は少しずつ進めております 🙂
最近思うのですが、ドラクエに限らずRPG全般に言えることがあるなぁと思うことがありました。
それは、目的・目標に向かって必要なことを必要な順に行い、最後にそれを達成することは、歯科治療に限らず人生に似ているということです。
歯科医院を例にあげると、自分がどのような歯科医院を作りたいのか。
これはラスボスにあたりますが、これをクリアするために必要な仲間がいたり、必要なスキル(技?)があったり、必要な乗り物(設備)があったり。
全然レベル低いのに無謀にもストーリーをどんどん進めていくと、最悪全滅してしまいますよね。
ザコ敵を何度も倒し経験値をあげ強くなっていく姿は、日々の勉強やトレーニング、セミナー受講などを積み重ねて歯科医師として成長する姿と似ていると思いました。
そして、共に目指す先が同じである仲間と切磋琢磨し、強くなっていくこと。
さかもと歯科クリニックの想いに共感し、共に患者さんに貢献してくれる仲間。
そんな仲間を最近さらに募集することとしました。

アサヒビール名誉顧問の中條高徳さんは、こう言っています。

試練が大きいほど気づきも大きい。
大切なのは
試練を謙虚に受け止めて、諦めずにその場その場で
やれることに全力を尽くすことです。

日々いろんなことが起きるのは、全員一緒です。
「なんで俺だけこんなことしなけりゃならないんだよ」とか「私ばっかりいつも大変な思いして、なんか損してる気分!」と思うのではなく、「これは自分が成長するための試練なんだ!」と思って、しっかりと取り組めると素晴らしい将来が待っていそうですね!

でも!
虫歯や歯周病は試練になる前に治しておくことをお薦めします!
失ったものは2度と戻ってこないです!
失って気付くことにならないよう、定期的なチェックを歯医者さんで受けてくださいね 🙂

宇田川道場

8/19.20は東京で「第3回宇田川道場」を受講してきました!

第3回宇田川道場

道場と言っても、格闘技とかではありません!

錦糸町で医療法人社団スマイルプラス宇田川歯科医院をご開業されている、宇田川宏孝先生が講師をされているセミナーです。

骨太かつ卓越した<人としての「あり方」>を通して、業界唯一の【正しい歯科医院経営】の真髄を伝授していただく内容です。

患者さんにきちんとした歯科医療を提供するためには、ある程度の基盤がなければ当然不可能です。

必要な器材、材料、人財、その他もろもろ。

そのためには院長の人としての「あり方」が重要とのこと。

北大の先輩である宇田川先生のもとには、北は北海道から南は北九州まで、幅広い地域の歯科医師が集まりました。

そんな2日間のセミナーですが、初日はハプニングが待っていました。

10時発のJALで時間に余裕をもって行く予定でしたが、整備不良のため5時間以上遅れての出発(T_T)

しかも羽田空港は雷雨のため一時身動きが出来ない状況に!

結局着いたのは18:30で、そこから移動して初日は懇親会途中参加からのスタートとなりました。

懇親会はもちろんのこと、空港でただ5時間立ったまま待たされる状況でもたくさんの学びを得ることができました!

2日目はワークをしたりロールプレイングをしたり、とても貴重なお話を聴くことができました。

後夜祭途中まで参加させていただき、羽田空港からJAL最終便で帰宅。

第3回宇田川道場

北海道と東京の気温差は大きかったので、風邪をひかないように注意しました。今回のセミナーは実質1日分しか学べませんでしたが、宇田川先生はもちろんのこと、参加されている先生方や準備などをしてくださった皆さまは素敵な方ばかりで、改めて「人は人で磨かれる」ことを実感してきました!

繰り返しの継続学習が必要なこの学びの深い宇田川道場は、自分の人生理念や医院理念、自分の生きる目的、ビジョン、計画。

かなり深いところまで考え、自分を見つめる必要があるようです。

一回受講しただけでは全て理解することは難しいでしょう。

しかしきちんと理解しマスターできたときには、今とは違った人生観や日々の過ごし方が待っているでしょうし、牧場町をはじめとした江別市での地域貢献の内容も変わっていると思いました。

歯科医師としては技術系の勉強会はもちろん重要ですが、人としての成長も同じくらい必要です。

さかもと歯科クリニックに来院される患者さんが「来てよかった!」と思ってもらえる歯科医院にするのはもちろん、一緒に働くスタッフも「ここに来てよかった!」と思える歯科医院にしたいと思います😃

咬合学会part4

咬合学会ネタも今回が最後です。

前回までは、2日目の午前中について書きました。

続きです。

お昼休みはランチョンセミナーを受講してきました。

なんとこの時間帯は、協賛企業さんからのお弁当配布があるのです!

そこで僕はロート製薬株式会社さん主催の広島大学教授、二川 浩樹先生による「デンチャープラークと義歯洗浄剤」を拝聴してきました。

入れ歯につく汚れについての一般的な概念、市販義歯洗浄剤の特徴、使い分け、効果などについて、また最近の超音波洗浄器に関する調査の結果についてご講演されました。

最近では誤嚥性肺炎が日本人の死因第3位となり、特に誤嚥性肺炎は高齢者の死因第一位になっているようです。

午後は小児歯科の外傷をテーマに部屋を移動し、日本小児歯科学会常任理事でいらっしゃる田中 晃伸先生の「一般開業医における小児歯科~初診時対応から咬合誘導まで~」をまず拝聴してきました。

小児の診療を行う際に考慮しているポイントを成長という時間軸を中心にして様々な問題に対する方法をご紹介され、またさらには単に来院された小児患者さんのみが対象ではなく、妊娠中の段階から介入することにより、子育て支援を行うことが重要と考えていらっしゃるようでした。また咬み合わせに関しても早期に介入しなければいけないケースもあり、その問題解決方法についても学ばせていただきました。

その後はアジア国際外傷歯学会常務理事、九州歯科大学臨床教授、福岡歯科大学臨床教授をされている橋本 敏昭先生の「乳歯外傷の診断と治療 そして予後」について拝聴してきました。

乳歯が外傷(転んで前歯をぶつけたなど)を受けた場合、できるだけの努力を行うが、次に生えてくる大人の歯に重度な障害を与えると判断した場合には乳歯を抜歯しなければいけないことがあり、その判断はそれぞれの症例により異なり、歯科医師によっても意見の分かれるところであるようです。このブログでは詳細は割愛しますが、乳歯に外傷を受けると40~50%にその下にある永久歯に何らかの影響を及ぼすようです。そのため継続して予後を観察し続けることが重要であり、その時期に応じて適切な対応をすることが大事であるとのことでした。

日常生活で予期せぬ事故は起こり得ます。

公園で遊んでいたら友達とぶつかっで前歯が欠けた、ブランコにぶつかって唇が切れた、家のテーブルに顔をぶつけて前歯がグラグラする・・・など。

全ての外傷に対応できるわけではないのですが、何か少しでも安心できる状態になっていただけましたらと、同じ子を持つ者として切に思います。

本当に本当に学びの多い2日間でした!

来年の参加を楽しみに、学んだことを日々の診療に活かしていきたいと思います😃

咬合学会 part3

さらに続きです。

咬合学会2日目のことを書きます。

6月11日(日)は濵田先生のご講演を朝から楽しみにしていました!

有限会社エイチ・エムズコレクション代表である濵田 真理子先生の「チーム医療とコミュニケーション~患者さんとの向き合い方~」は9:15からスタートでしたので、余裕をもってホテルを出発。

濵田先生は23年経営される会社の代表歯科衛生士であり、2016年12月の時点では正社員、契約・登録歯科衛生士総計224人の代表をされており、全国各地で歯科医院の教育と人財育成を通じてコンサルティング事業をされております。

「人の能力や技術だけに頼らず安定した歯科医院を創ること」の重要性を痛感され、現在はチーム医療が成立しているだけでなく良好なコミュニケーションが取れている仲間たちと過ごす毎日は、誰かの産休や育休に影響されることもなく安定した診療をすることができるようになった医院さんの事例より良好なコミュニケーションの重要性と患者さんへの影響について、とても素敵な雰囲気の中ご講演されました。

本当に重要なことだなと朝一から心に響いた内容でした。

実はこの濵田先生とは今年になってからご縁をいただいております。

他のセミナーではじめてお会いし、とても感銘を受けたのを覚えております。

当院も今後スタッフの産休や育休、介護などに影響されることもなく、むしろ気持ちよく休暇を取ることができる、そんな医院になっていきたいと思っております。

 

濵田先生のご講演を拝聴した後は会場を移動し、東京医科歯科大学高齢者歯科学分野 教授の水口 俊介先生の「総義歯臨床の統一見解とは」を拝聴してきました。

水口先生は「昨今の全部総義歯の教育の環境はかなり厳しいものがある。学部での教育内容の増加により時間がかかる義歯系の授業や実習は削減される方向にある」とのことでした。現在いろんな義歯に関する著作が出版されたり研修会が行われたりしていますが、表現は違うがその本質は同一であると感じられるようです。今回のご講演の中では、全部床義歯のあるべき義歯形態と、全部床義歯が達成すべき咬合を可視化したいとのことで、大変貴重なお話を聴くことができました。

思い起こせば自分の学生時代はどれだけ義歯のことを学ぶことができただろうか、どれだけ触れることができただろうか。

決して胸を張って言えることではないと思いました。

それを考えると、今の学生さんや若い先生たちは義歯について学ぶ機会が僕ら同世代の歯科医師よりも少なくなることが想像でき、実際の臨床でも困ることが多くなるのではないかと思ってしまいます。

そのとき、少しでも先輩の立場である僕らが何か伝えていけるよう、やはり日々精進していく必要があると思う今日この頃でした(^O^)

咬合学会 part2

前回の続きです。

午後は「入れ歯」をテーマにして参加していましたので、明海大学歯学部臨床教授である鈴木 尚先生の「パーシャルデンチャー(部分入れ歯のことです)はまず歴史から学ぶべき!」を拝聴しました。

部分的に欠損してしまったところへの治療法としてインプラントも知名度は上がっていますが、高額なため選択肢として選べない方が多い中、比較的安価で生体にも優しい部分入れ歯を選択される高齢者が今後は増大するであろうとのことで、少しでも満足していただける部分入れ歯をご提供できるようになるためには、部分入れ歯が現在に至った臨床的な足跡を辿り、その流れを理解することから先人たちが求めてきた多くのことを学び、問題点を解決することである、とのことでありました。

また仙台市でご開業の菅崎 直身先生の「パーシャルデンチャー(部分入れ歯)による欠損補綴~動きの少ないデンチャーを目指す~」も拝聴しました。部分入れ歯である程度しっかり咬めるためには、義歯の動きを抑え、安定した咬合を求めることが重要です。歯と入れ歯のバネの関係や歯と歯茎の関係をいかに工夫して義歯の設計に考えていくかを学んできました。

その次に足を運んだご講演は、明海大学臨床教授である田端 義雄先生の「総義歯の咬合を考える」でした。

歯周病治療の進歩や口腔衛生の普及により総義歯治療は減少すると言われていたようですが、超高齢化により実情は依然総義歯のニーズがあり、さらには難しい顎堤の高度吸収(歯茎が痩せている状態)による難症例が増えているとのことでした。

たしかに当院でも不適切な義歯安定剤の長期使用をされている患者さんの歯茎は、新しい義歯作成において難しさを感じることがあります。

総義歯治療は「形」と「咬合」と言われています。いかにうまく型取りをし、適切な形に作成するか。その「形」の問題は近年各段の進歩を遂げられました。「咬合」についても優れた人口歯が開発されており、快適な総義歯はこの両立が必要であることは必然とのことで、今回田端先生の約30年に渡る総義歯治療における「咬合」について学ばせていただきました。

これらを日々の診療に活かし、ひとりでも多くの義歯を使用されている方々のお役に立てる診療ができればと日々精進したいものです。

咬合学会 part1

みなさん、こんにちは。

さかもと歯科クリニック、院長の坂本です。

江別市牧場町周辺の方々にはだいぶ認知していただけているでしょうか。

今回の院長ブログは前回の続きを書きたいと思います。

6月10日(土)、東京は国際フォーラムで日本顎咬合学会学術大会が開催されました。

日本顎咬合学会学術大会

今年は丸2日間しっかり学びたいと思い、前日の診療後に新千歳空港に向かい、21:55発の最終便にて東京入りしました。

ホテルについてチェックインしたのは0時を過ぎておりました。

なので、この日はただ寝るだけ。

翌日6月10日の9:30から始まったクリスチャンS.ストーラー教授によるご講演は、「歯科医療を変える潮流~来べき口腔の健康の管理に関する社会情況への適応と受け入れ~」というテーマでした。

2時間半に渡るご講演は、本当に深い学びがありましたが、まとめるのも難しいので割愛させていただきますが、一言で言えば我々歯科医師の目指すべき目標は、一人一人に合った健康によい計画に沿って、医学と歯学とを応用することで健康に歳を取り、より実りの多い人生を送ることなのだということでした。本当に深く考えさせられました。

さて、午後は個別のセミナーを拝聴する時間です。

お昼休みは再度どのセミナーにするか抄録を読んでいました。

続きは次回の院長ブログで(^O^)

学術大会に参加してきました

みなさん、お久し振りの院長ブログ更新です。

江別市牧場町で開院し、おかげさまで1年半が経ちました。

日々いろんな学びがある中、今年も毎年楽しみにしている学会に先日参加してきました。

第35回 日本顎咬合学会学術大会・総会

第35回 日本顎咬合学会学術大会・総会

東京は国際フォーラムで開かれた「第35回 日本顎咬合学会学術大会・総会」は、全国各地の歯科医師だけでなく歯科衛生士の皆さんも参加され、とても盛大に行われました。

2日間に渡って開催されるのですが、たくさんの魅力あるセミナーを全部聴くことができるわけではありません。事前に配布される大会の詳細やタイムテーブルの中から何を学ばせていただくか自分で考えるのです。

100以上はあるのではないかと思われる中から8つくらいしか選択できないので、今年は「入れ歯」をテーマに勉強しようと思いました。

実際は「入れ歯」と「乳歯の外傷」を拝聴させていただき、日々の診療に役立てることができればと気合いが入ったところであります😃

学会では以前違う勉強会で一緒に学び、今でもお世話になっている先生方ともお会いすることができ、久し振りにお話しできたことはとても楽しい時間でした!来年またお会いする約束をし、寒い寒い北海道に戻ることとしました。

学んできたことを簡単にまとめ、次の院長ブログでご報告したいと思います😃

勉強会をしました(*^^*)

先日、さかもと歯科クリニックの歯科衛生士たちが「補綴治療後のメンテナンス」というテーマのセミナーに参加してきました!

セミナーに参加

セミナーに参加

セミナーに参加

その内容を全員でシェアできるようにと、まとめて発表してくれました!

「補綴」というのは、部分的な詰め物ではなく歯全体に被せるものを意味し、材質としては銀歯だったりセラミックだったり、いろんなものがあります。また形態としては1歯の被せ物、ブリッジ、入れ歯、インプラントがそうです。

咬めなくなったところを咬めるようにするものと思ってもいいでしょう。

そのような治療をされた患者さんに対し、健康で快適に過ごしていただくためにメンテナンスが重要となりますが、全員に同じように行うものではありません。お一人おひとり口腔内の様子は異なりますので、その方にあった施術方法を用いる必要があります。

ただ、大事なのはメンテナンスを受ければよいということではないこと。

もっと言えば、歯石をとればそれで終わりというものではないこと。

何年も前の勤務医時代のことですが、初診で歯石取りをご希望に来院された方が「前の歯医者でも定期的に年に数回歯石とってもらってました。

だから歯周病ではないと思います」と仰っておりましたが、けっこう進行しておりました。しかしご本人はその事実を受け入れることは容易ではなかったのか、はたまた僕の説明がまだ未熟だったのか、継続して治療が必要な状態であったにも関わらず、歯茎から上の見える部分についている歯石を取り終わったら通院を中断してしまいました。歯石をとったことだけで満足されたのかもしれませんね。

メンテナンスは、あくまで良い状態を維持するために行うもの。もしくは自覚症状がなくても治療が必要なところがないかチェックするものです。

自己満足で終わらず、専門家である歯科医師、歯科衛生士とよく相談して、素晴らしい口腔内を保ってもらえたら嬉しいです!

寿退職しました(T_T)

久し振りの院長ブログ更新です!

まずみなさんにお伝えしたいことは、1年間さかもと歯科クリニックで頑張ってくれていた歯科衛生士の笹原が4月いっぱいをもって寿退職したこと。

勤務前からさかもと歯科クリニックを応援してくれており、縁あって2016年の5月から勤務してくれました。

寿退職

勤務開始前から「1年後の結婚を前提に勤務は1年でお願いしたい」と希望があったので、そこはお互い納得して気持ちよく勤務してくれました。

常に明るく、前向きで、どんな人とも隔たりなく接することができるキャラでしたので、みんなに愛されておりました。

遠方へ引っ越してしまうということで、勤務最終日は惜しまれながら1日を過ごし、診療後は送別会を開かせてもらいました。

サプライズでプレゼントを用意していたスタッフたち。

逆サプライズのプレゼントにみんなで感動しました。

これからも元気で頑張ってほしいですね 😛

寿退職

歯科業界は女性が多いため、どうしても結婚や出産、家庭がある方は転勤などで退職せざるを得ないことが多々あります。

そのような状況でも、共働きでも安心して働けることができる職場、育児が落ち着いたらカムバックできる職場、短時間でも不安なく働ける職場をさかもと歯科クリニックは目指しております。

少しずつでも前進できるよう、焦らずしっかり取り組んでいきます 😛

歯科塾に参加しました(2)

先日、東京は新宿で行われた歯科塾(第33回)に参加してきました。

歯科塾に参加しました

名古屋でご開業の田中 伸尚先生をお迎えして、「開業15 年目の危機を救ったスタッフマネジメントの極意☆~新しいマネジメント手法が描く医院の未来とは~」というテーマで行われました。

田中先生の歯科医院には2013年から過去2回見学にお邪魔させていただき、たくさんの学びをいただいておりましたが、そんな素晴らしい医院さんでもうまくいかないことがあったようでした。

どの業種でもそうですが、「企業は人なり」とよくいいます。

せっかく素晴らしい人材が組織に属しても、早期退職してしまうのはどうしたらよいのだろうか。また、ある程度組織としては発展したものの、頭打ちになったり、幹部スタッフが疲弊してしまっているためにそれ以上の成長が期待できない場合は、何が原因でどうしたらよかったのだろうか。

大事なのは、大切にしているものを大切にしているか、ということなのかもしれません。

まだまだ深い学びの入り口に立っている僕ですが、その遥か先にある大きなものを得るために、今できることを一生懸命取り組んでいくべきなのは変わらないことですね。

最近は休診日があるためご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、これからもさかもと歯科クリニックをよろしくお願い致します!

予約優先制のお知らせ

江別市牧場町で日々奮闘しているさかもと歯科クリック、院長の坂本です!

開院して1年4か月目となり、地域の皆さまに少しずつですが認知していただけるようになりました。

開院当初、いえ開院前から地域の皆さまのお役に少しでも立ちたいと思い、ひとりでも多くの方を診療させていただくため、いろいろ工夫をしてきましたが、小さな規模の歯科医院のため、たくさんの方をお受けすることはもちろんのこと、急患の方をご満足いただけるまでの治療を必ずしもできなくなってきました。

その工夫のひとつとして、予約優先制を開院当初から行っておりますが、医院の外観にも「予約優先制」であること、また電話番号など大きく表示していないことから、他科の医院さんのように「順番制」だと思われて受付にいらっしゃる方もたびたび見受けられます。

極力お受けしたいのですが、歯科医院というのは、ある意味「外科処置」ですので、診察してお薬処方して終わりということはあまりありません。

必要な検査、器具、時間がどうしてもあります。

そうすると最低でも30分~60分必要となります。

予約優先制ですので、予約の方をお待たせしないよう診察となります。

ご予約をいただいていない方は待ち時間があったり、お受けできる時間帯にも限りがある場合がありますので、「今すぐ診てほしい」「今日中に必ず治してほしい」という方は、まずはお電話にて確認していただけると助かります。

少しでもご迷惑をおかけしないよう、玄関の窓に「当院は予約優先制です」のお知らせを設置しました。

さかもと歯科クリニックは予約優先制です

今後とも、よろしくお願い致します(^o^)

雛祭り(^.^)

2017年の雛祭りは、ちよじ屋さんの桜餅をいただきました(^.^)

ちよじ屋さんの桜餅

お昼にお電話し、6個注文。

うぐいす餅も注文したところ、品切れとのこと。

お昼休みに取に行くと包みも用意されており、ショーケースの中は何もない状態でした。

桜餅を受け取り、お店を出ると店員さんが「完売」の看板を!

どうやら最後の6個だったようです(^^;)

人気店の商品はちゃんと事前に予約しないといけませんね!

今回ギリギリセーフだったことに感謝し、今後の学びとしました。

もちろん、お昼はみんなでおいしくいただきました(^.^)

最近診療して思うことは、伝えることの難しさ。

先日、伝達力を身に着けるためにセミナーに参加してきても、そうそううまくいかないことがあります。

うまくいかない例として

・患者さんの中で「答え」がある

・ご自身の口腔内に興味がない

・歯科に対し不信感を持っている

このような方々には、なかなか熱く伝えても、もしくはゆっくりと伝えても難しいようです。

歯科の専門家として患者さんによくなってほしいと思い、いくつかの治療計画や治療法のご提案をしても、その方の中で「こうしてほしい!」とご希望されることがあったりするようで、それが医学的にあまりお薦めでなくてもなかなか伝わらないこともあります。

また、虫歯や歯周病に罹患していても、症状がないというだけで危機感を感じていない方も治療を薦めても消極的になることがあります。

最後は、過去のトラウマなどで歯科に対して不信感があり、疑いの目で話を聴いている方はどうしても壁を作ってしまうので、うまく伝わらないこともあります。

さかもと歯科クリニックは、全員が患者さんによくなってもらいたい!という気持ちで働いておりますので、どうか少しでもお役に立てればと思う今日この頃です。

伝達力

皆さんは、自分の伝えたいことを思うように相手に伝えることができますか?

もしかしたら、本当に伝えたいことと違って受け取られ、誤解を招いていることもあるかもしれません。

そうなんです、「伝える」と「伝わる」は違うのです!

さかもと歯科クリニックでは、患者さんに丁寧な説明をすると評判をいただいているようで、嬉しい限りです😃院長だけでなく、歯科衛生士、TC、受付、歯科助手もみんなが「患者さんによくなってもらいたい!」という想いで、いろいろとご説明させていただいております。

ですが、うまく伝わらないことがあることも事実です。

どうしたらもっと表現力、伝達力をUPできるのか。

そう思い、先日東京は成田でアチーブメント株式会社さんの「頂点の道」講座ピークパフォーマンスコースを受講してきました。

頂点への道

全国から100名集まり、自らの力をさらに高めたいと3日間、寝る間も惜しんで学んできました!

頭で考えるのはなく、心で伝える。

まさにそんな感じの(どんな感じ!?)内容でした。

共に学んだたくさんの受講仲間、そしてそれを応援してくれる先輩方、そして進行とサポートをしてくださるアチーブメント株式会社の方々。本当に感謝しています。そして、この3日間で学んだことを、どれだけ現場で活かしていけるかが最も重要です。

「頂点の道」講座ピークパフォーマンスコースを受講

イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんはこう言っています

どんなにいい教えを受けても、

どんなにいい話を聞いても、

その受け止め方、それを自分の人生にどう生かしていくか、

その差は天と地ほどの開きがある

 

皆さんの幸せに貢献できるよう、これからも頑張っていきたいと思います😃

雑誌掲載の依頼

みなさんは歯科医院受診をするときに、どのような理由で医院を選びますか?

近いから?

人に薦められたから?

評判がいいと聞いたから?

口コミで検索して?

いろんな理由があると思いますが、中には「雑誌に掲載されていたので!」という理由もあると思います。

さかもと歯科クリニックもホームドクターさんに掲載していただいたこともあり、それを見て来院された方もいらっしゃいます。

僕が思うベストな理由は、「知り合いの紹介」だと思っています。

ネットの口コミも良いと思いますが、どこの誰だかわからない方の評価より、ご家族や同じ職場、もしくはご友人など、自分が信頼できる方から「あそこの歯医者、いいよ!」と教えてもらうのが一番安心ではないかと思うのです。

人それぞれ価値観は異なるので、価値観の異なる方の「良い」と自分の「良い」は一致しないかもしれません。

同じ味噌ラーメンでも、あっさり派とこってり派で好みは全然違うと思います。

「類は友を呼ぶ」ではないですが、仲良くしている方は価値観が近い方だったりすることが多くありませんか?

だからこそ、知人の紹介がベストだと思うのです。

開院してから、poroco様や財界さっぽろ様、日本の歯科100選様から「雑誌の歯科特集をするのですが、掲載しませんか?」とお声がけいただくことがありますが、まだまだそこまでの医院に成長できていないので、丁重にお断りさせていだだいております。

営業で検索して、たまたまさかもと歯科クリニックに電話してくださったのかもしれませんが(^O^)

何にせよ、地域貢献できる恥じない歯科医院になれるよう日々取り組んでいきたいと思います!

チョコレート

ニクの日(2・9)

先日の2月9日のこと。

平成29年2月9日は、まさにニクの日ということでお昼にお肉をいただきました 🙂

院長の坂本は私用で昼休みに外出したので、スタッフだけで楽しんでもらいました。

エネルギー満タンで午後も頑張ってくれました 😛

ニクの日(2・9)

そんなさかもと歯科クリニックですが、2月はいろんな研修があり、休診日や午前診療のみの日が数日あります。

詳細はHPのトップに掲載してありますが、皆さまには大変ご迷惑をおかけし、申し訳ない次第であります。

いただいた休診日で参加した研修で学んだことを必ずしや医院に、そして院内マネージメントに活かし、ひとりでも多くの方に「さかもと歯科クリニックに来てよかった!」と思っていただけるよう結果を出したいと思います!

先日、ネットでこのような言葉を見つけました。

勝つか負けるかではなく、勝つか死ぬか。

負けた時は死ぬ時。

それぐらいの気持ちで取り組めば、

必ず困難を乗り越え、夢を叶えることができる

by ドトールコーヒー名誉会長 鳥羽博道氏

 

たくさんの方に支えられ、応援していただき、今がある自分ですが、ある意味平和ボケしている自分もいました。

もっともっとやれることはあるはず!

そう思い、今日からまた頑張っていきたいと思います 🙂

歯科塾に行ってきました

1月22日、東京は新宿にて行われた歯科塾のセミナーに参加してきました!

ゲストに新潟県でいいじま歯科クリニックをご開業されている飯島 浩先生!

飯島 浩先生と

テーマは「スタッフ全員が主体性を発揮し、イキイキと働ける仕組みづくりの極意☆」でした。

会場は超満員で、以前からお世話になっている先生方やスタッフさんも数多くご参加されており、とても楽しい時間を過ごしてきました(^o^)

飯島先生の医院では教育カリキュラム、育成カリキュラムをはじめ、数多くのカリキュラムやマニュアルがあり、簡単にはマネのできないハイレベルな内容を教えて頂きました。

しかしそこには改善点もあり、もっとよい組織にするためには、もっとよい教育カリキュラムにするためには、もっと人間関係をよくするためにはと常に前進されているお姿が見受けられました。

歯科塾

やはり大事なのは人と人との係り方。

1人ひとり個性があり、みんな同じように成長できるわけではありません。

そこにどう向き合い、どう支援してあげられるか。

ただマニュアルに沿って教えていけば人は育つわけではないことを改めて共有できたセミナーでした。

帰りの飛行機は新千歳空港が雪の為、折り返すかもしれない条件付きのフライト。帰れなかったら月曜日の診療はどうなるのだろうと冷や冷やしましたが、そこは祈り通じて無事帰宅。

やっぱりもってるなーと実感しました(^o^)

鏡開き

1月11日は鏡開きでしたね(^o^)

さかもと歯科クリニックでも、受付に置いてあったお餅をみんなでおいしくいただきました!

お正月の雑煮依頼のお餅。

各自持ち寄り分け合って味付けし、ついつい食べ過ぎてしまいました(^_^;)

こうやってスタッフみんなとお昼を共にできること、嬉しく思います!

鏡開き

鏡開き

さて、先日誕生日を迎え、今年1年をどう過ごしたいか改めて考えてみました。

個人的なテーマとしては、治療技術の向上も大事なものの1つに入れました。

歯科医師になり10年間、本当に本当に一生懸命学んできました。

勤務したクリニックの院長先生をはじめ、先輩Drやスタッフさんには大変お世話になりました。

また、いろんなセミナーにも参加し、自己研磨してきました。

そして今までの経験を活かし、江別で地域貢献するためさかもと歯科クリニックを開院し、この1年間は医院の基礎固めを重点的に行ってきました。

その中で、もっと治療技術を磨いて1人でも多くの方に貢献したい!

そう思い、理想の医院作りとともに自分の成長もテーマに入れました。

 

今日一日は永久に戻らぬ一日である。

素晴らしい未来のために悔いを残さぬよう、

今日も一日しっかりやりたいものである

by 第16代京都大学総長 平澤 興氏

1年は365日。

一日一日をしっかり過ごし、また来年の誕生日には成長した自分を実感し、次へのテーマをワクワクして考えられるようになっていたいと思います(^o^)

白井コーチ

先日、白井一幸さんの講演会に参加してきました!

白井一幸さん

御存知の方も多いと思いますが、白井さんは北海道日本ハムファイターズ一軍内野守備走塁コーチ兼作戦担当をされている方です。

今回は「勝てる組織の極意」というテーマで御講演されました。

会場には202名(200名限定講演)の方がお集まりになり、組織をよりよいものにしたいとお考えの経営者の方をはじめ、そこに勤務されている方、またそうでなくても日ハムのファンの方など、会場は超満員でした(^o^)

野球界の指導は超体育会系で、激しく檄を飛ばしたり怒ったり怒鳴ったり負荷をかけて育成することが主流だそうです。

しかしそこに白井さんは疑問を感じ、真逆の育成法を取り入れ、結果日本一に日本ハムファイターズを導いたのです。

これは野球界に限ったことではありません。

ほとんどの職場、学校、家庭でも同じようなことが多いのではないでしょうか。

親が子供に言うセリフ。

「どうして勉強しないの!良い成績とって、良い学校行って、良い会社に入らないと!あなたが将来困るのよ!あなたのために言ってるのよ!!」

ついつい言ってしまいがちですよね(^_^;)

これで喜んで勉強する子供は何人いるのでしょうか。

どう言えば子供は自主的に勉強してくれるのか。

どう言えば部下は率先して働いてくれるのか。

どう言えば〇〇は・・・

相手を内発的に行動する気持ちになってもらうためには、そうなるための関わり方、伝え方があることを今回学んできました。

学んだだけでは意味がありません。

なかなかすぐに実行し結果を出すのは難しいことですが、実行することを決めて日々行動することが重要ですね。

講演会の後は限られたメンバーだけでの懇親会にも参加し、貴重なお話を聴くこともできました。

さかもと歯科クリニックの更なる成長、そして牧場町だけでなく江別市で地域貢献できる歯医者になれるよう、これからも頑張っていきたいと思います(^o^)

プレゼント♪

正月が終わったばかりですが、また連休でしたね!

みなさん、どう過ごされましたか?

この連休中に誕生日を迎えた僕ですが、先日朝出勤したら院長室の前に座椅子が置いてありました!

しかもかわいく装飾されて。

chair

一瞬何のことか理解できませんでしたが、ハッピーバースデイの字を見て理解しました😃

スタッフたちが僕にプレゼントしてくれたのです!

ここ最近自分の中で院長室に一番欲しいものだと思っていたので、スタッフも同じように思ってくれていたのはすごく嬉しいですね!

今まで以上に机に座ってする仕事が捗りそうです😃

そうそう、先日こんな言葉を目にしました。

人生は投じたものしか返ってこない。

人生に何を投じたか。

その質と量が人生を決定する。

人生もそうですし、職場にもそうですし、家庭にもそうですし、自分自身にも言えるのではないかと思いました。

黙っていても、ただ時間が流れるだけで、自分が求めるものはそうそう手に入りませんし、起きることもありません。

ほとんどが他人任せ、環境任せの結果になるのではないでしょうか。

こんな言葉もありました。

努力して後悔した人を見たことがない。

練習して下手になる人もいない。

勉強して馬鹿になる人もいない。

何かをして変わった人はいても

何もしないで変った人はいない。

やはり、行動するしかないのです😃

取材を受けました

先日、福井でご開業されている歯科医師の方から連絡がありました。

「〇〇〇〇〇〇〇〇社の△△△△△△△記事『▲▲▲▲’s ◇◇◇』ていうところのインタビューというか取材、受けてもらえない?尊敬・信頼されている先生を紹介もらえないかと言われたんだけど、紹介させてもらっていい?」

僕と同じ時期に勉強会に参加し、現在はご夫婦だけでなく医院全体で力を合わせ素晴らしい歯科医院になっている院長先生からの頼み事。

僕で役に立つなら断る理由がありません。

どんな趣旨の取材が尋ねてみると、

「現在成功されている著名な先生のお話を聞かせていただき、記事として載せることで、現在同じような壁にぶつかっている院長先生や、これから開業してぶつかるであろう若手の先生方の助けに少しでもなればという思いで行わせていただいている企画です」

ということでした。

現在成功されている著名な先生かどうかは疑問を感じますが、地域貢献のために一生懸命取り組んでいることは確かなので、僕の経験が誰かの役に立つのであれば嬉しい限りです。

flour

そんなわけで先日わざわざ東京からこちらの都合に日程を合わせていただき、取材に来てくださいました。

参考になるお話しができたかは出来上がった記事を見せていただいたときにわかるかもしれませんね!

自分の存在が誰かの役に立つ。

とても素晴らしいことだと思います😃

あめましておめでとうございます(^.^)

新年、あけましておめでとうございます!

2017年賀

2017年の診療が4日からスタートしました。

まだお正月休みの方もいらっしゃるかもしれませんね!

さかもと歯科クリニックは昨年29日の午前をもって2016年の診療を終え、その後院内の大掃除をし、夜は忘年会をしました!

1年間頑張ってくれたスタッフに少しでも多くの労いと感謝の気持ちを込め、2016年も徳寿さんで忘年会を行いました😃

忘年会

忘年会

忘年会の約束事は2つ!

「遠慮しないこと」と「残さないこと」です!

頑張った自分たちへのご褒美ですので、食べたいものを食べ、体にエネルギー補給をし、2017年に繋げてもらえればと思っております。

また、食べ物を粗末にすることは良くないですから、残さないよう食べ切れる範囲で食べてもらうことも大事な約束です😃

2015年の忘年会は4人で行いましたが、2016年は人数が増えて8人!

僕がしたい歯科治療は少人数ではできない内容なので、少しずつですが常勤の方やパートさんが増えてくれて、夢の実現に向けて1歩ずつ前進していると思います(^O^)

経営の神様であり、かの有名な松下幸之助さんの言葉に

 

かつてない困難からは

かつてない革新が生まれ、

かつてない革新からは

かつてない飛躍が生まれる

 

というのがあります。

困難なことに遭遇することは誰しも避けたいことですが、もしそういうことになったとしても、みんなでどうしたら乗り越えられるか力を合わせて解決できるのが、さかもと歯科クリニックの強みだと思います。

今年も地域の皆さまに1つでも多くのことで貢献できるよう、日々頑張っていきたいと思います😃

2017年もよろしくお願い致します!

12月お誕生日会(3)

12月お誕生会第3弾!

またまたまたお誕生会をしました😃

12月お誕生日会(3)

主役のリクエストで鶏肉祭り!

半身揚げとアラカルトでパーティーです。

半身揚げとアラカルトでパーティー

みんなでハッピーバースデイを歌い、これからの抱負を発表してもらいました。

こうしてスタッフのお誕生日をみんなでお祝いできることって、嬉しいですね!

今年の診療は29日の午前をもって終了しました。

2017年もひとりでも多くの方に役立てるよう、年末年始のお休みにしっかりと考え、計画し、このようなまとまったお休みのときにしかできない取り組みをしたいと思います。

 

こんな言葉があります

晴れようが、雨が降ろうが、

大事なのは自分にできることを

集中してやりきるかどうか

by アイタッグ社長 小林 一光氏

 

困難を乗り越えさせるものは、

決して諦めない、夢に邁進する情熱です

by ドトールコーヒー創業者 鳥羽 博道氏

 

バカになるくらい無心になって

無我夢中でついてきてくれる人は、

必ず伸びる

by「世界のホームラン王」王貞治さんの師 荒川 博氏

 

大事なのは、どれだけ今を本気で生きているか。

周りのサポートももちろん重要ですが、一番大事なのは自分。

結局、行動したり決定するのは自分なのです。

その上で、周囲の協力や支えに感謝し、一人ではできないことでもみんなの力を借りて成し遂げていくのですね。

残り3日、素敵な2016年をお過ごしください😃

スペシャルセミナー

みなさん、大雪の影響は大丈夫でしょうか。

雪掻きで筋肉痛になっておりますでしょうか。

今年も残すところ一週間になりましたね!

院長の坂本は先週の土日に関東に行ってきました。

電飾

東京はパークタワーホールで行われる、歯科医院地域一番実践会スペシャルセミナーに参加するためです!

なでしこジャパン元監督の佐々木則夫氏、ジャパネットたかた元社長の高田明氏の貴重なお話を聴いてきました!!

人生に活かせる素晴らしい内容でした。

スペシャルセミナー

ほんの一部ですが、学んだことを書きたいと思います!

 

佐々木則夫氏のモチベーションを上げるための5つの提言。

①感謝の気持ち、天恩。

②無形の強い思いが有形を生む。

③私にはできない、から、私には出来る心へ

④なにを成長させるか

⑤「成功の反対・・失敗ではなく・・チャレンジしないこと」

高田明氏の名言。

過去を悔やんでも未来を心配しても何も変わらない。

今目の前のことを本気でやることが大事

 

こんな感じだったと思います。

高田さんの登場時は低い声でお話しされておりましたが、講演が進むとテンションがあがってきたのか、あのテレビと同じ高い声になっていました😃

物を売るためにテンションあげているわけではないようです。

これを買って幸せになってもらう姿を想像すると力が入るそうです。

僕らも同じです。

患者さんに今よりよくなってもらいたという気持ちで説明していると、つい時間が長くなったり力が入ることもあります。

一点集中ではないですが、今を全力で生きていくのが大事ですね😃

12月お誕生会(2)

12月お誕生会第2弾!

またまたお誕生会をしました😃

12月お誕生会

当事者に喜んでもらえる会にしたいので、何を食べたいか確認。

魚卵が食べたいとのことで、数の子とタラコのパーティーになりました!

魚卵

週末にみんなで食事に行くことになっていて、そこでイクラを食べることになっていたため、イクラは買いませんでした。

(残念ながら大雪のため食事会はまたの機会に・・・)

みんなで数の子をプチプチ音を出しながら食べている光景がおもしろかったです😃

12月お誕生会2

さかもと歯科クリニックのスタッフは、学校を卒業したばかりの人はまだいないため、何かしら前職での経験を持っています。

過去の良い経験を活かしながら今を一生懸命生きる。

とても素晴らしいことだと思います。

でも、環境が違えば全部が思い通りに行くことはありません。

自分の本領発揮がなかなかできず悩むときもそうでしょう。

実際、僕も非常勤で半年間勤めていたときはそうでした。

前は普通にできたことができなくなったのです。

そんなときは、「自分はできる!」と信じ、自分の可能性を信じ、目の前のことに一生懸命取り組めばいいのです!

 

日ハム、栗山監督が尊敬する経営評論家の井原隆一さんは、こう仰っています。

困難を突破した人は、可能性を信じている。

何としても突破したいと思えば、瞬時に知恵が出てくる

諦めず、自分の可能性を信じ、強い願望を持って行動することが大事ですね😃

12月お誕生会(1)

12月も3分の1が過ぎました。

先週の土曜日から大雪で、皆さま雪掻きによる筋肉痛は大丈夫でしょうか。

僕は日ごろの運動不足解消のため、喜んで雪掻きをしています 😆

さて、そんな12月ですが、院長ブログを更新していない間にいろんなイベントや出来事がありました!

順にUPしていきますね!

まずは12月お誕生会(1)です 😆

12月お誕生会

さかもと歯科クリニックの顔である受付スタッフのお誕生会を行いました!

12月は3人誕生日を迎えるスタッフがいるので個別ではなく合同で行いますと宣言し、忘年会でまとめてお祝いというニュアンスのまま日々を過ごしました。

サプライズのため前々日まで内緒にしていましたが、やっぱりおめでたいことなのでお祝いすることを報告。

当日の朝は当事者以外のスタッフが早めに出勤し、ブラックボードにメッセージを書いてお出迎え(^O^)

それを見つけてビックリした本人を写真に撮ろうとレントゲン室に隠れていた院長がバレて見つかり、怖がられるというハプニングがありましたが、喜んでもらえて結果オーライです!

12月お誕生会3

12月お誕生会

お昼休みにケーキでお祝いし、色紙のプレゼント!

今年の抱負を言ってもらいましたが、大変素晴らしい内容でした(^O^)

常に向上心のあるスタッフなので、僕も尊敬しております。

かの有名なナイチンゲールもこう言っています。

年ごと、月ごと、週ごとに「進歩」を重ねていないかぎり、

自分は「退歩」していると思ってまちがいありません。

高みを目指して生きていきたいですね 😆

おかげさまで2年目です(^O^)

江別市牧場町の歯科医院と言えば!?

こんにちは、さかもと歯科クリニック、院長の坂本です。

今年も12月になりましたね!

残すとこり、あと1か月です。

やり残したことはありませんか??

悔いの残らない2016年にしましょう(^O^)

さて、そんな師走の今日この頃ですが、さかもと歯科クリニックは2015年12月に開院したため、師走の12月が新しいスタートとなります。

おかげさまで2年目に突入しました。

前回の院長ブログにも書きましたが、受付にてプチイベントをしております 🙂

おかげさまで2年目です

数に限りがあるのと、受診者のみ対象となりますので、よろしくお願い致します。

おかげさまで2年目

2年目はどういう年にしたいのか。

どのような歯科クリニックとして成長したいのか。

自分はどう成長したいのか。

大きな道筋は決まっています 🙂

あとは枝葉の部分をしっかり考え、日々実行するだけですね!

ニトリの会長、似鳥昭雄さんは次のように仰っています。

世のため人のためになる。

それがひいては自分のためにもなる。

そういうロマンとビジョンが大事。

 

自分だけよければよいということではないですね!

当院の仕事観に、「3つのため」というのがあります。

  1. 自分のため
  2. 患者さんのため
  3. 医院のため

どれかだけではいけません。

この3つがバランスよくできることが、よい言動だと意識しております。

2年目も1人でも多くの方に貢献できる歯科医院になりたいと思います 😛

一年が経ちました(^O^)

またまた久し振りの院長ブログ更新です😃

昨日今日と大雪でしたね!

雪掻きで大変な中にも関わらず、キャンセルせず来院してくださる皆さまには本当に感謝しております。

さて、ちょうど1年前のこの日は、さかもと歯科クリニック開院前の医院見学会(内覧会)を開かせていただいた日です。

地域の皆さまに、どのような医院なのか知っていただき、またどのような歯科医師、歯科衛生士、受付スタッフがいるのかも直接会話を通して感じていただき、安心して治療にお越しいただけるように2日間過ごさせていただきました。

あれからちょうど1年が経った今日、改めてこの1年を振り返ると、本当にいろんなことがあり、毎日毎日

「どうしたらもっと患者さんに喜んでもらえるだろうか」

「どうしたらいつも頑張ってくれているスタッフがもっと気持ちよく働けるだろうか」

「どうしたらもっと自分の健康管理ができるだろうか」

など考える日々が続きました。

微力ながら一歩一歩前進していく中で、当院スタッフをはじめ、家族の支え、業者さんの支え、皆さまの支えがあって今日を迎えることができました。

本当に感謝しております!

ちょっと早い1周年記念のお祝いを受付スタッフが手作りケーキで行ってくれました😃

1周年

12月1日はさかもと歯科クリニックの開院記念日ですが、今年は私用のため休診とさせていただきます。

翌日2日からの診療となりますが、少しではありますがプチイベントを準備しておりますので、お越しの際は楽しんでいただけますと幸いです。

明日から2年目になるさかもと歯科クリニックを、今後ともよろしくお願い致します(^O^)

久し振りの院長ブログです(^O^)

今まさに当院のスタッフが受付の勉強会をしています。

受付の勉強会

診療は13時までの土曜日ですが、お昼ご飯を食べてから頑張ってくれています!

おひるご飯

さかもと歯科クリニックには専属で受付を設けておりますが、ずっと椅子に座って常にいるわけではないので、受付が他の仕事をしているときでも患者さんが困らないように、電話の応対、会計などを歯科衛生士たちもヘルプできるように練習中です😃

「えっ!?歯科衛生士なのに電話出るの?会計なんてしたくなーい」

開業する前にそう言ってた歯科衛生士の方にお会いしたこともあります。

歯科衛生士が受付業務をするのは無駄で意味のないことでしょうか。

もちろん歯科衛生士専門学校で専門知識を学び、国家試験に合格し、国家資格をもったプロのお仕事である歯科衛生士ですが、受付業務ができて損することは何もないと思います。

もちろん歯石取りなどの歯周病治療やDrのアシストで活躍してもらうことがお仕事の大部分ですが、受付業務を知り、ヘルプできるようになることで

  • 受付のお仕事の意味合いを知ることができる
  • スタッフ同士の助け合いができるようになる
  • 受付の仕事は簡単ではないことを知ることができる
  • だからもっとお互いを尊重できるようになる

いろんな良いことがあります。

 

もちろん練習したり学ぶことは簡単なことではないかもしれません。

小説家の佐藤愛子さんはこのように言っています。

 

人生には少しは苦労があったほうがいい。

あまりに平坦な道では、自分を磨く機会もないし、

本当の幸福も分からずに済んでしまう

 

仕事を通して自己成長できる、自分を磨ける、幸せを感じられる。

そんな医院をさかもと歯科クリニックは目指しています(^O^)

頑張ってくれているスタッフたちに感謝です!!

鏡が付きました!(^^)!

先々週の日曜日は今年最後の行楽日和といった感じでしたね!

その後はまた寒くなり、先週は雪も降りました。

そんな中、2週連続楽しくて有意義な週末を過ごしました  😛

みなさんはどうでしたか?

ちなみに、もうストーブをつけていますか?

コートなども冬用になりましたか?

風が強い日もありますので、外出時には衣類が乱れていないか心配になりますよね。

そんな方のために、さかもと歯科クリニックの玄関に鏡が設置されました!

さかもと歯科クリニックの玄関の鏡

外見をあまり気にされない方もいますし、こまめにチェックされる方もいます。

みなさんに満足していただけるよう、どのような方にも喜んでいただけるような取り組みを1つでも多くしようと考えた結果、玄関に鏡を設置することになったのです。

トイレ前の洗面所にも鏡はありますが、靴を履いて医院を出る直前にも身だしなみをチェックし、お仕事に戻られる方、お子さんのお迎えに行かれる方、お友達に会う方、そのまま御帰宅される方など、いろんな方にご活用いただけますと幸いです。

これからも一歩ずつではありますが、みなさんに喜ばれる、人生の豊かさを向上することができる医院作りを続けていきたいと思います。

みなさんも御存知の幕末の志士、吉田松陰さんはこう言っています。

できないのではない、やらないのである

行き当たりばったりではなく、しっかりと行動計画をたて、優先順位を考えて行動することが大事ですね!

お誕生会4

お誕生会ばかりのさかもと歯科クリニックです😃

birthday003

birthday002

今日もスタッフのお誕生会をしました!

こうしてお祝いできることだけでも素晴らしいことですね。

だってみんなの仲が良くないとできないことじゃないですか?

「別に〇〇さんの誕生日なんてどうでもいいし」

「昼は一人で簡単に済ませて寝ていたいし」

そんな言葉を発する人はさかもと歯科クリニックには誰一人いません!

だからチームワークを発揮し、地域のみなさんに少しでも歯科治療を通じて貢献できる医院になる可能性があるわけです😃

本当に素晴らしいスタッフばかりです!

お誕生会1

僕の人生の成功、幸せの条件は

  • 家族を幸せにすること
  • スタッフを幸せにすること
  • 患者さんを幸せにすること

この3つが達成できたときです。

そのためにはいろいろ学ぶこともあり、実践することもあり、課題もあり、毎日毎日が修行のようなものです。

でも、自分の人生理念、目的がしっかりしていれば多少の想定外のことで日々の行動はブレないのではないでしょうか。

 

こんな言葉を目にしました。

与えられた環境に振り回されていては

自らの人生とはいえない

by 鎌倉円覚寺管長 横田南嶺さん

 

自分の意志で行動を管理しているからこそ、自分の人生なんですね!

さかもと歯科クリニックのスタッフは一人ひとり目標を持っています。

その目標達成のため、みんなで力を合わせていきたいですね😃

あれから1年(^O^)

さかもと歯科クリニック、院長の坂本です!

綾小路きみまろではありません(^O^)

早いもので、上棟式と一緒に餅まきをさせていただいてから1年が経ちました。

牧場町や若草町、元町、元江別、いずみ野、緑町にお住まいの方を中心に、ゆめみ野からも集まっていただいて行われた「餅まき」は大成功に終わり、地域の皆さまに喜んでいただきました😃

歯科治療を通じて江別市の皆さまに貢献したい!

そのような思いで毎日診療をしていますし、日々勉強もしております!

その成果というほどでもないのですが、このたび日本顎咬合学会の咬み合わせ認定医の資格を更新することができました😃

日本顎咬合学会の咬み合わせ認定医

更新するためには一定期間に一定の学びをする必要があり、それをクリアしなければ更新は認められないようになっています。

総入れ歯だけでなく、部分入れ歯、ブリッジ、クラウン、インレーなど、咬み合わせは1歯単位で慎重に行わなければなりません。

よくある例えですが、人間の口腔内は髪の毛一本でも感じるようです(咬んだときとかも)。非常に敏感ですね!

咬み合わせがおかしいと顎関節症になることもありますし、頭痛の原因になることもあります。また、虫歯じゃないのに歯がしみる、痛いなどの症状を引き起こすこともあります。

そういうところにも全力で集中していきたいと思っております😃

お誕生会3

10月になり、今年もあと3ヶ月となりました!

年始に立てた今年の目標、達成できそうですか?

僕は既に達成したもの、もう少しで達成しそうなもの、これからのものの3つに分かれておりますが、年末には全て達成できるよう、日々頑張っております。

そんなさかもと歯科クリニックのスタッフも日々頑張ってくれており、先日もお誕生会を行いました(^o^)

お誕生会3

イタリアンやフルーツが好きとのことで、お昼休みにピザやパエリアの配達をしてもらい、サプライズ誕生会!

当の本人には喜んでもらえ、準備してくれたスタッフ共々楽しい時間を過ごしました。これからも当院で活躍してくれることを楽しみにしています(^o^)

お誕生会3

さて、先日HPのお問い合わせフォームから「小さい子供のフッ素塗布は行っていますか?」とご質問をいただきました。

結論から言いますと、行っております!

1歳のお子さんでも行っておりますが、お母さん方の心配事として、

・泣いて騒ぐから迷惑になるのではないか
・うちの子はちゃんとできるだろうか

などあると思いますが、大丈夫です!

泣いて騒ぐのが普通だと思ってください(^o^)

そのくらいの気持ちの方が受診しやすいですよね!

もちろんある程度の年齢になれば上手にできるよう練習が必要だったりしますが、1歳2歳はまだまだと思っていいと思います。

そのようなお返事のメールを返信させていただいたのですが、ドメイン拒否のため届かなかったので、この場を借りて回答とさせていただきました。

ATC受講😃

先週23.24日は休診とさせていただき、アチーブメント株式会社のアチーブメントテクノロジーコースを受講してきました。

ATC受講

22.23.24日と3日間に渡るこのセミナーでは目標達成のための技術を学ぶことができますが、個人的には「行動管理能力の向上」と「自己概念の向上」をテーマに参加しました!

患者様に歯科治療を通じて、

地域貢献をしたい!

人生の豊かさ向上のお手伝いをしたい!

さかもと歯科クリニックでなければ出来ないことをしたい!

など日々いろんなことを考え、あれもしたい、これもしたい、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、という多々ある取り組みに押し潰されそうなときもあり、出来ない自分が無力に感じそうになりますが、決してそうではないんだと再確認してきました😃

やるべきことを細分化し、優先順位をつけ、中・長期的な行動計画を立て、それに乗っ取って日々行動する。

その日の予定がクリアできなかったとしても、3日以内に終われば良しとする。

今までやっていたと思っていましたが、もっと出来る自分に気付き、とても満足した気持ちになっております😃

 

京都大学iPS細胞研究所の所長、山中伸弥さんはこう言っています。

 

次から次へと困難が出てきても

絶対に乗り越えられると思って前に進むと

不思議と乗り越えていける

 

どのように自分が捉え、行動し続けるかが大事ですね😃

お誕生会2

暑い夏も台風も過ぎ去り、過ごしやすい気温になってきましたね!

さかもと歯科クリニックでも、診療室内にクーラーを入れるか迷うときがあります。入れれば寒いし、入れなければ蒸す感じ。「冷房」をやめ「送風」くらいにするとよいでしょうか。

気温の差が激しいこの時期、風邪には注意したいですね。

さて、先日またまたスタッフのお誕生会をしました(^o^)

何をしたら喜んでもらえるのか!?

本人のいないところで密かに会議をし、決まったのは「焼肉」(^o^)

しかし昼休みに行うので外出はできません。

なので室内でも使えるザイグルで焼肉することとしました!

入念な事前練習を行い(備えあれば憂いなし)、当日は大成功しました!

お誕生会当事者はもちろんのこと、スタッフの楽しんでいる姿を見ていると嬉しく思います。

お誕生会2

20160914b

お誕生会2c

ここ最近、個人的に取り組んでいることがあります。

うまくいかないこともありますが、結果が出るまで続けます!

先日、こんな言葉を目にしました。

 

ひたむきにやっていれば、必ず明日は味方になる。

誰にでも来るはずの明日を敵にするか味方にするかで、

生き方が全然変わってくる

by 直木賞作家 山本一力

 

みなさんも、結果が出ないと挫けそうになることって、ありませんか?

目標に向かって、諦めず、ひたむきに頑張って取り組んでいれば、味方ができて助けてくれるかもしれません。

今日も1日頑張っていきましょう(^o^)

1 2 »
PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ