2017年の雛祭りは、ちよじ屋さんの桜餅をいただきました(^.^)

ちよじ屋さんの桜餅

お昼にお電話し、6個注文。

うぐいす餅も注文したところ、品切れとのこと。

お昼休みに取に行くと包みも用意されており、ショーケースの中は何もない状態でした。

桜餅を受け取り、お店を出ると店員さんが「完売」の看板を!

どうやら最後の6個だったようです(^^;)

人気店の商品はちゃんと事前に予約しないといけませんね!

今回ギリギリセーフだったことに感謝し、今後の学びとしました。

もちろん、お昼はみんなでおいしくいただきました(^.^)

最近診療して思うことは、伝えることの難しさ。

先日、伝達力を身に着けるためにセミナーに参加してきても、そうそううまくいかないことがあります。

うまくいかない例として

・患者さんの中で「答え」がある

・ご自身の口腔内に興味がない

・歯科に対し不信感を持っている

このような方々には、なかなか熱く伝えても、もしくはゆっくりと伝えても難しいようです。

歯科の専門家として患者さんによくなってほしいと思い、いくつかの治療計画や治療法のご提案をしても、その方の中で「こうしてほしい!」とご希望されることがあったりするようで、それが医学的にあまりお薦めでなくてもなかなか伝わらないこともあります。

また、虫歯や歯周病に罹患していても、症状がないというだけで危機感を感じていない方も治療を薦めても消極的になることがあります。

最後は、過去のトラウマなどで歯科に対して不信感があり、疑いの目で話を聴いている方はどうしても壁を作ってしまうので、うまく伝わらないこともあります。

さかもと歯科クリニックは、全員が患者さんによくなってもらいたい!という気持ちで働いておりますので、どうか少しでもお役に立てればと思う今日この頃です。