10月15日、東京は西新宿で歯科塾に参加してきました 🙂

今回のゲスト講師は兵庫県でご開業の和久先生です。

和久先生はとても社交的で、臨床にも人間的にも熱い方です。

そんな和久先生と初めてお会いしたのは先日の8月に受講した宇田川道場でした。

遅れて参加した懇親会でも話しかけてくださり(なぜ遅れたかは以前のブログを参照)、翌日も隣に座らせていただき仲良くしてくださいました。

3代目として医院を継承された和久先生は、最初から順風満帆だったわけではないようです。

数々の困難を乗り越えて現在があるわけですが、「理念診療」に基づき、どこまで『本気』で取り組めるかが重要だと僕は感じました。

本当に本気で何かに取り組んだときに人は初めて支援者に出会うようです。

そのお話しを拝聴し、「自分は今どれだけ本気で取り組んでいるだろうか」と自問自答していたわけですが、ここ最近の大きな課題の1つであることに対する解決策も見つけることができ、すっきりして帰ってきました(^-^)

歯科塾

解決策が見つかっても実行しなければ何も変わらず、簡単なことでもないですが、どれだけ「本気」でやれるかが重要なことだと実感しました。

ここは、さかもと歯科クリニック。

自分の夢と理想がいっぱい詰まった医院を思い描いて開院してからもう少しで2年になる今日この頃。

改めて今後のことをしっかり考え、「本気」で日々過ごしていこうと思います!

 

かの有名なイチローはこう言っていました。

小さなことを積み重ねることが、

とんでもないところへ行く

ただ一つの道

 

これをやったら「逆転満塁ホームラン」的なことはありません。

地道にちょっとずつちょっとずつの積み重ねでしかないのです。

そのために、いつも改善策を考えることを習慣化したいですね😃