江別市牧場町で歯科治療に取組むさかもと歯科クリニック

歯周病治療

  • HOME »
  • 歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。
歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台である歯周組織や歯を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。

おもな原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています。

歯周病の進行

健康な状態

健康な状態

歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきがひきしまっている

軽度歯周病

軽度歯周病

歯ぐきが赤く腫れあがり、歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもある。

中度歯周病

中度歯周病

ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがする。

重度歯周病

重度歯周病

歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

歯周病にならないために

ご家庭で・・・

・自分に合った正しいブラッシング方法を知りましょう。
・だらだら食いや間食を控え、規則正しい食習慣を身に付けましょう

歯科医院で・・・

・歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからでは治療に時間と費用がかかります。
定期的に検診を受けて、衛生士によるブラッシンプ指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

資料参考:プラネット

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ