こんにちは。
受付兼TC田尻です。

今日は歯科治療を受ける際の大切な考え方についてお伝えしたいと思います。

わたしは来院される皆様に、治療について「説明」をすることを職業にしています。

どのような治療が必要で、どのような選択肢があるのか、などを説明します。

これは、わたしにとっては当たり前のことだと思っているのですが

説明をさせていただいた方の中には

「治療についての説明なんて、初めて聞きました。」という声が多く

「え~!!それってちょっと怖くないですか?」と思うわたしです。

驚きながらも興味があるので、そういった方たちに今までどうしていたのかお尋ねしてみるとこんな答えが

・自分はプロじゃないので専門職にお任せで当然
・よくわからないので決めてもらっていました
・虫歯になるのは当たり前で、歯医者は治すのが仕事でしょ
・自分で考えてよいものだと思っていませんでした 

なるほどなるほど、いろいろです。

わたしは歯も大切な臓器だと思っています。

一生使っていく、替えのきかない大切な臓器です。

大切なものだから、自分で考えて自分で決めたいと思います。

でも、みんながみんなそうではないのも事実。

だとしても、わたしは自分がされていやだな、違和感を感じることはここに来る皆さんにしたくはないので、平等に説明をさせていただきます。

そこからどうするのかは、その人次第という想いで。

大げさな表現かもしれませんが

「悪くなっていたので、抜いておきましたよ。」と後から言われたらどうでしょう

わたしだったらドン引きします。

「プロじゃないし、わからないからお任せ」という人もいますがどんな人だって、どうなりたいか本当はご希望があるはずです。

ただ、今までそれについて考えたことがないだけだと思います。

ですから、考えていただくきっかけ作りのために説明をしています。

そして、ご自身に選択していただいています。

「どうしたら良いかわからなくなった」

「いろいろ知って、逆に迷ってしまう」

色々な反応はありますが、自分で考えるというのが大切なのです。

だって自分の身体ですからね。

もちろんプロなので、ご相談を受ければアドバイスはさせていだきますがこちらが勝手に治療方針を決めることはありません。

その方が歯のことでお困りごとがないようまたは、あったとしても、そんなに重大な問題にならないよう日々を楽しく過ごせるよう、一緒に考えてみませんか?