江別市牧場町で歯科治療に取組むさかもと歯科クリニック

滅菌について

  • HOME »
  • 滅菌について

「滅菌(衛生管理)」

「自分が受けたい治療とは?」

「自分の家族に受けてほしい治療とは?」

さかもと歯科クリニックでは、自分にとって大事な人を治療するときと同じように、患者さんにも治療をしたいと思っております。

その中で当たり前のように必要なことの1つに、器具の滅菌や消毒といった衛生管理があります。

以前、「歯を削る機械(タービン)の使い回し」が新聞で話題になりました。

このように、滅菌、消毒などの院内感染防止となる衛生管理は目に見えないところで行われるので、どれだけ素晴らしいシステムでどれだけしっかり行われていても、患者さんにはわからないところだと思います。

当院では、患者さんはもちろんのこと、スタッフも安心してお仕事ができるように、世界で最も厳しい衛生管理基準のヨーロッパ規格をクリアした高性能滅菌器によって、治療で使用した治療器具、器材の滅菌をしており、世界基準の衛生管理を目指しております。

滅菌(衛生管理)

<滅菌・消毒について>

皆さんは、滅菌や消毒の意味をご存じでしょうか。

滅菌:「病原体・非病原体を問わずすべての微生物を死滅、または除去すること」

消毒:「病原性微生物を死滅、または除去させて感染の危険をなくすこと」

このように、それぞれ定義が異なります。

歯科医院での治療では、歯を削ったり、歯茎から出血したりすることがあり、これらは感染源になる十分な可能性があります。

ですので、当院では、スタンダードプリコーション(標準予防策)にもとづいて治療を行っていきます。

スタンダードプリコーションとは、推定される感染病態に関わらず、すべての人々の血液・体液・排泄物・皮膚・粘膜は感染源に成り得る可能性があるものとして取り扱うことであり、医療従事者の保護だけでなく、患者間あるいは医療従事者を介した交差感染防止を目的としています。

さかもと歯科クリニックでは、患者さんに安心して治療を受けていただくため、使用した治療器具や診療台の滅菌、消毒をしっかり行い、エプロンや紙コップ、グローブなどは使い捨てのものを使用していきます。

<クラスBの導入>

滅菌を行うために、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)というものを用います。

オートクレーブは、3つのクラスに分けられます。

クラスN

包装がされていない固形器具のみ滅菌が可能。 滅菌後はすぐに使用(保管は不可)。 袋詰めされた器具や複雑な構造をもった器具の滅菌を100%行うことはできません。 (従来の多くの歯科医院がこのタイプのオートクレーブを使用)

クラスS

メーカーが指定した特定の器具の滅菌に使用することが可能。

クラスB

大型滅菌器の規格に準拠。 すべての種類の器具を滅菌することが可能。(クラスBという滅菌レベルは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準です)

さかもと歯科クリニックではこのクラスBの滅菌システムを整えています。

ご予約・ご相談は TEL 011-802-5400 〒067-0005
北海道江別市牧場町19-31
診療時間9:00~13:00 14:30~19:00
最終受付:18:00
土曜:13時まで診療 [ 日・祝日休診 ]
駐車場8台完備

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ